遺言・相続(遺言)

はじめに

『遺言書』『相続』というものは、皆さん必ず関係するものであると心の奥で知ってはいるものの、「考えるなんて縁起でもない」とか「まだ、先の事だからいいや」と先送りにしてはいませんか?人は必ず死にます。そうして、残された者がいるのです。
『遺言書』は、死んだ者が残された者に宛てた最後の手紙であり『相続』は、死んだ者からの最後の贈物なのです。
しかし『遺言書』が無ければ、死んだ者の気持ちが伝わらずに、残された者同士で贈物を分けることになります。残された者達が気持ちよく分けることが出来ればよいのですが・・・。
残念な事に気持ちよく分けることが出来なくなってしまう事があるのです。そうならないためにも『遺言書」を書くことをお勧めします。興味が少し沸いてきたと思った方は、簡単に解説しているので読んでみてください。

遺言書の種類

まず、遺言書の種類をご説明します。遺言書には一般的には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。そして、書き方のルールが民法で定められており、そのルール通りに書かなければ、無効な遺言書になってしまいます。一般的と言ったのは、民法には特別な時の遺言書の書き方も定めているのですがこちらに関しては、今回は説明を省かせていただきます。

 

○自筆証書遺言
 ・遺言者本人が、全文を自筆で書かなくてはいけません。(ワープロは駄目です。)
 ・日付は、年月日をしっかり書きます。(○年□月吉日は駄目です。)
 ・印を押してください。
  (認印でも良いが、印鑑証明を添付した方が確実なので実印がよい。)
 ・誰にも見られずに作成できるので、秘密は保てます。
   (相続人に保管場所を知らせる手段を考える必要がある。)
 ・開封時に家庭裁判所の検認が必要です。

 

○公正証書遺言
 公証人が遺言者の思いを聞いて、作成します。(内容を秘密には出来ません。)
 ・証人が2人必要となります。(遺言書の内容や存在が担保されます。)
 ・公証人への手数料が必要です。(指導助言して貰えるので、確実な遺言書ができます。)
 ・開封時の検認は不要です。(相続手続きが迅速にできます。)

 

○秘密証書遺言
 ・遺言書は、自分で署名押印すれば、ワープロ作成でも可能です。
  (秘密証書遺言で駄目な場合、自筆証書遺言と出来る様に自筆をお勧めします。) 
 ・公証人は、存在のみを証明します。(内容の保証はありません。)
 ・内容の秘密は守られるが、存在を認めて貰うための手続きが煩雑です。
  (公証人への手数料も必要です。)
 ・開封時に家庭裁判所の検認が必要です。

 

 

以上の3種類が一般的な遺言書となります。遺言書の内容を秘密にしたいとか費用をかけたく無い方は、「自筆証書遺言」であり、費用をかけても確実な遺言書を残したいのであれば「公正証書遺言」となります。遺言書を書く方の大半は、このどちらかになります。「秘密証書遺言」は、両方の利点を兼ね備えたお得感がありますが、手続の煩雑さや費用対効果から個人的には、お勧めできません。

 

 

遺言書の書き方

遺言書は、遺言者が自分の思いを家族に伝える手紙です。しかし、その書き方を間違えてしまうと家族に自分の思いがしっかり伝わらないばかりか、法律的に認められずに自分の思いが無効になってしまう事があります。そうならないために遺言書の書き方の要点を纏めておきます。

 

遺言・相続(遺言)

 

1.タイトルは、「遺言書」にする。(遺言書であることを明確にする。)
2.相続人の氏名生年月日を書く。(同姓同名でも生年月日あれば個人が特定できる。)
3.語尾は、「相続させる。」と「遺贈させる。」を区別する。(相続と遺贈では税金が異なってくる。)
4.相続財産は明確にする。
  (不動産は登記簿通りに書き、貯金などは口座まで書いて特定できるようにする。)
5.条件を付けて相続させることもできる。
6.遺言執行者を指定した方がよい。(相続がスムーズにできる。)
7.書いた日付をしっかり書いて、押印する。
  (認め印でも良いが、実印を押して印鑑証明を添付するのがベスト)
8.財遺の分割は、遺留分を考慮する。

 

以上が遺言書の書き方の要点になります。この要点を押さえておけば基本的な遺言書は書くことが出来るはずです。

 

次に、この遺言書を入れる封筒の書き方です。

 

遺言・相続(遺言)

 

1.「開封せず必ず家庭裁判所の検認を受ける事」など検認を行う事を促す文言を書く。
  (赤文字でもよい)
2.日付と氏名を書く。
3.封をして、押印する。
  (印鑑は、遺言書のものと同じものにする。)

 

これで、遺言書は完成です。あとは、遺言書の保管場所を相続人に分かるようにしておいてください。

 

遺言書に込める思いは、十人十色です。決して同じ遺言書は出来ないと思います。自分の思いを余す事なく伝えるために遺言書の書き方に疑問や不安があれば相談してください。